PH Japanプロジェクト第4回遠隔配信セミナー開催のお知らせ

この度は、第4回学んで救えるこどもの命 PH Japan プロジェクトにお申し込みいただき、心より御礼申し上げます。
当日のアクセス情報をお送りいたします。

当日は下記のトップページURLよりアクセスをお願いいたします。
トップページから「ライブ配信に参加する」をクリックしていただきますと、視聴ページにリンクされます。
実際の配信は11月21日(土)10時開始となりますので、当日、お時間の少し前になりましたら、アクセスをお願いいたします。
※ご心配な場合はトップページの下部にテスト視聴画面を設けておりますので、そちらをお試しください。

<トップページ>
https://supportoffice.jp/ph_japan_project/live/

資料は締め切り日までにお申し込みいただきました皆様には、11月19日(木)または20日(金)にメール配信を行っております。
メールアドレスの入力誤りにより当方から配信できないケースが発生しておりますので、未着の場合は、事務局までメールにてお問い合わせください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

PH Japanプロジェクト第4回遠隔配信セミナー開催のお知らせ

 2020年2月23日に開催予定であった第4回遠隔配信セミナーは、コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大の状況を受けて一旦止む無く延期となっておりましが、第56会日本小児循環器学会学術集会の開催日程に合わせ、学会開始日前日の11月21日土曜日に、ZoomによるオンラインWeb開催とすることにしました。

 プログラムは基本的に変更されておりません。この度Web配信で開催するにあたり、ディスカッションも含め、全て事前収録を行いました。1時間以上にわたるディスカッションもありましたが、今回はWeb開催用に事前収録を行った利点を最大限活用し、重要な部分を抽出し、見易い形式に編集し、大変濃縮された内容になっています。是非お見逃しなくご覧ください。

 今回の第4回セミナーをもってPH Japan プロジェクトは一旦終了とします。小児循環器学会会員以外への教育事業は、今後も学会の重要な課題となると考えられます。第1回から4回に至るPH Japan プロジェクトの全ての活動内容は学会の財産です。今後これらを小児循環器学会から学校関係者、家族の皆様、そして医療関係者の方々へのセミナーなどにおいて、最大限有効に活用するよう尽力したいと思います。

 これまでPH Japan プロジェクトに御協力頂きましたすべての方々に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。そして最終回となります第4回セミナーを、是非とも視聴して頂きたく存じます。

プログラム

10:00-10:05
開会の挨拶
高橋健先生 順天堂大学医学部小児科

小学校の部

10:05-10:10
開会の挨拶
犬塚亮先生 東京大学医学部小児科
10:10-10:20
小学校学習指導要領解説(小学校授業で「いのち」を扱うこと)
齋藤久美先生 筑波大学附属小学校養護教諭
10:20-10:50
いのちの授業(小学校で実施した授業内容公開:講師 中西敏雄先生*、内田敬子先生)
内田敬子先生 慶應義塾大学保健管理センター
10:50-11:40
ディスカッション(犬塚亮先生、齋藤久美先生、中西敏雄先生*、内田敬子先生)
*中西敏雄先生 国際医療福祉大学成田病院小児科

昼休み(50分間)

中学校の部

12:30-12:35
開会の挨拶
鮎沢衛先生 日本大学医学部小児科
12:35-12:45
中学校学習指導要領解説(中学校授業で「いのち」を扱うこと)
辻野智香先生 さいたま市立高砂小学校養護教諭
12:45-13:15
いのちの授業(中学校で実施した授業内容公開:講師 土井庄三郎先生、種市尋宙先生)
種市尋宙先生 富山大学医学部小児科
13:15-13:50
ディスカッション(鮎沢衛先生、辻野智香先生、種市尋宙先生、土井庄三郎先生)

休憩 (10分間)

高校の部

14:00-14:05
開会の挨拶
松井彦郎先生 東京大学医学部小児科
14:05-14:15
高等学校学習指導要領解説(高校授業で「いのち」を扱うこと)
村井伸子先生 埼玉県立春日部高等学校養護教諭
14:15-14:45
いのちの授業(高校で実施した授業内容公開:講師 佐藤毅先生)
佐藤毅先生 東京学芸大学附属国際中等教育学校教諭
14:45-15:15
ディスカッション(松井彦郎先生、村井伸子先生、佐藤毅先生、進藤考洋先生*)
*進藤考洋先生 国立成育医療研究センター循環器科
15:20-15:30
閉会の挨拶
土井庄三郎先生 災害医療センター病院長

<参加申し込みURL>※申し込み締め切り:11月15日(日)まで
https://questant.jp/q/4th_phjapan

【注意事項】

  1. 本セミナーはweb開催となります。会場は設けておりません。インターネット環境がある場所から、PC・スマートホン・タブレットなどからご聴講いただけます。
  2. 開催1週間前を目安に、参加用のURLなどをお知らせさせていただきます。必ずご連絡の取れるメールアドレスをご登録ください。

2020年10月2日
PH Japan プロジェクトリーダー 高橋 健

PH Japanプロジェクト第1回~第3回録画限定公開について

日本小児循環器学会では2018年よりPH Japanプロジェクトと題し、東京の本会場と地方の会場を中継し、こどもの心臓病を専門にする医師や、学校教諭・教育関係者が、様々な立場から「こどもの命を救う」講演を行ってまいりました。この度、2020年11月21日(土)の第4回PH Japanプロジェクト開催に先立ちまして、第1回から第3回までの録画を一部限定公開いたします。視聴期間は2020年11月20日(金)までです。ぜひご覧ください。

視聴申し込みはこちら:https://vb.wufoo.com/forms/m8m75od19ryuy6/
*外部サイトに接続します。

視聴できるプログラムは下記の通りです。

第1回:2018年8月19日(日)開催

午前の部「小児の心臓病のみかた(注意点と対応)」

  • 先天性心疾患(チアノーゼや肺高血圧)
    講師:永田 弾先生 九州大学医学部 小児科
  • 後天性心疾患(川崎病や心筋症)
    講師:武田 充人先生 北海道大学医学部 小児科
  • 不整脈(胸痛や突然死)
    講師:堀米 仁志先生 筑波大学医学部人間総合科学研究科小児内科
  • 質疑応答

午後の部「知っておきたいこどもの心疾患」

  • 防ごう心臓突然死 救急車到着までの5分間になにをする?
    講師:犬塚 亮先生 東京大学医学部附属病院 小児科
  • いのちのおくりもの 臓器移植と学校生活
    講師:小垣 滋豊先生 大阪急性期・総合医療センター
  • 心臓病の学校生活管理 運動制限ばかりが指導ではない
    講師:土井 庄三郎先生 災害医療センター 病院長
  • 質疑応答

第2回:2019年2月24日(日)開催

午前の部 ~学校関係者向け~

  • これだけはおさえよう こどもの心臓病につながるこんな訴えこんな症状
    講師:内田 敬子先生 慶應義塾大学保健管理センター
  • どこまで防げる? 児童生徒の突然死
    講師:鮎澤 衛先生 日本大学医学部小児科学系小児科学分野
  • 本当に伝えたい!!いのちの授業~臓器移植~
    講師:佐藤 毅先生 東京学芸大学附属国際中等教育学校学校保健体育科
  • 質疑応答

午後の部 ~医療従事者向け~

  • 小児集中治療 ~こどもの命をまもるゴールキーパー~
    講師:松井 彦郎先生 東京大学医学部附属病院 小児科
  • 小児循環器疾患における感染症危機管理対策 ~公衆衛学的視点から~
    講師:糸井 利幸先生 京都府中丹西保健所/京都府立医科大学小児科
  • 本当に伝えたい!!いのちの授業~臓器移植~
    講師:佐藤 毅先生 東京学芸大学附属国際中等教育学校学校保健体育科
    ※午前の部の同じタイトルと同じ内容となります
  • 質疑応答

第3回:2019年8月18日(日)開催

午前の部「学校生活においてこどもの命を守るために」対象:養護教諭や学校教諭向け

  • 学校生活において こどもを突然死から守るには
    講師:桐田 寿子様
  • 学校生活において こどもを突然死から守るには
    講師:桐淵 博先生 元さいたま市教育長
  • 小児循環器科医が児童・生徒に伝えたいこと。学校生活において「いのち」を考えてもらうには?
    講師:安河内 聰先生 長野県立こども病院循環器小児科

午後の部「患者さんの自立した社会生活とそれに向けた教育を考える」対象:学校教諭・養護教諭、患者さんとご家族

  • おとなになりゆく患者さんの医療体制を考える
    講師:平田 陽一郎先生 東京大学医学部附属病院 小児科