患者様・ご家族向けページ 医療従事者向けページ

新着情報

2022.2.15
新型コロナウイルスワクチンに関する情報を「患者様・ご家族向けページ」「医療従事者向けページ」に掲載しました。

理事長声明

 昨年末から懸念されていたCOVID-19オミクロン株は、年明けとともに、あっという間に第6波を形成し、身辺慌ただしくなっていることと思います。まず、皆様のご無事を祈念し、そして小児循環器・成人先天性心疾患の患者さんとご家族のためのご尽力に敬意を表します。
 「Academic & Social」をテーマとする日本小児循環器学会として、刻々と変化するCOVID-19の状況、更新される情報をacademicに捉え、学会員に発信・共有すること、そして循環器疾患を持つ子どもたちと成長した成人、そのご家族のためにsocialな責務を果たすべく、2020年4月に立ち上げ、継続的に活動してきた学会の「COVID-19特別対策チーム」を、ここに再活性化します。これまでも学会ホームページを通じた情報発信、全国修練施設間および患者会の皆様との連携強化、現状把握のための全国アンケート調査などを実施してきましたが、さらに効果的な感染対策について、発信・情報共有していきます。
 基礎疾患のある患者さんは、COVID-19の重症化リスクについてご心配が強いと思います。また、日常生活における感染対策、登園・登校・就業についてなど、第2波、第3波と感染の波が押し寄せるたびに継続的に議論されてきたエッセンシャルな課題に加えて、ワクチンや新薬が開発・使用されるようになり、効果や副反応、メリット・デメリットなどについてのご質問や不安の声も多くなっています。特別対策チームからの情報発信・共有で、疑問や不安を少しでも解消し、安心を提供していきたいと思います。
 しかし、個別性の高い小児循環器・成人先天性心疾患の特性から、外来受診、検査や治療のスケジュール、学校や職場に行ってよいかなど、一概にすべての患者さんに共通した指針を述べることが困難であることは会員の皆様が日々感じておられる通りです。その中でも、日本小児循環器学会としては 「どんなときにも主治医を頼っていいのだよ」というメッセージを今後も送り続けていきたいと思います。医療従事者にもご負担が増えている中、繰り返しのお願いで恐縮ですが、特に主治医の先生方には、「個々の患者さんの疾患や病状に合わせて個別に対応し、患者さん・ご家族と共に最善を考え、COVID-19で動揺されている患者さんとご家族の不安の軽減に努める」ことに、引き続き特段のご配慮をいただければ幸いです。
 改めて会員の皆様のご尽力に心から感謝申し上げるとともに、ご自身および周囲の関係者の方々の健康管理に十分にご留意いただきますようお願い申し上げます。そして、ひとりでも多くCOVID-19感染の回避と感染者の回復促進に繋がり、より多くの笑顔でこの長い戦いを終える日を迎えられることを祈念し、この学会の活動を推進したく存じます。

2022年1月18日
特定非営利活動法人日本小児循環器学会
理事長 山岸敬幸


はじめに、COVID-19感染症対応の最前線で戦っておられる全ての皆様に心より敬意を表します。
クラスター対策で拡大スピードを遅らせて来た日本でもCOVID-19拡大は留まる気配を見せず、すでに感染者の対応に追われている方、足元に迫るオーバーシュート対策を急いでいる方等々様々かと存じます。
この未曾有の困難の最中、多くの感染症専門家やアカデミアからこの戦いに必要な膨大な情報が相次いで発信されております。循環器疾患を持つ子ども達と、循環器病を持って成長した成人のためのアカデミアである日本小児循環器学会は何を為すべきなのか、現実的で効果的な行動とはいかなるものかを考え抜いた末、以下のサイトを立ち上げ、そしてアップデートをしていくことを決めました。小児循環器疾患の患者さんとご家族、そしてその方々のために努力している医療従事者の不安軽減に繋がる情報を効率的に提供します。

このサイトの利用がひとりでも多くCOVID-19感染の回避と感染者の回復促進に繋がり、より多くの笑顔でこの長い戦いを終える日を迎えられることを祈念しております。

末筆ではございますが、皆様ご自身の体調管理には十分にご留意頂きますようお願い申し上げます。

2020年4月17日
特定非営利活動法人日本小児循環器学会
理事長 坂本喜三郎

日本小児循環器学会COVID-19対策特別チーム

<目的>

  1. 当学会員ならびに小児循環器関連患者に有用な学術的・社会的情報の収集
  2. 当学会員への有用な情報(医療従事者向け情報)の発信
  3. 小児循環器関連患者および家族・社会への有用な情報の発信
  4. 小児循環器診療施設間の情報共有
  5. 関連学会の情報収集および関連学会との連携

責任者:山岸敬幸(慶應義塾大学)
副責任者:坂本喜三郎(静岡県立こども病院)
統括リーダー:土井庄三郎(災害医療センター)
副統括リーダー:豊野学朋(秋田大学)
アドバイザー:三谷義英(三重大学)
アドバイザー:檜垣高史(愛媛大学)
アドバイザー:白石公(国立循環器病研究センター)

<医療従事者向け情報発信チーム>

  • リーダー
    藤井隆成(昭和大学)
  • 委員(内科系教育委員会委員として)
    加藤太一(名古屋大学)
    安田和志(あいち小児保健医療総合センター)
    松井彦郎(東京大学)
    星合美奈子(山梨県立中央病院)

<患者・家族・社会向け情報発信チーム>

  • リーダー
    立石実(聖隷浜松病院)
  • 委員
    落合亮太(横浜市立大学)
    城戸佐知子(兵庫県立こども)
    豊野学朋(秋田大学)
    石戸美妃子(東京女子医科大学)

<施設間連携情報発信チーム>

  • リーダー
    小野 博(国立成育医療研究センター)
  • 委員
    北海道:武田充人(北海道大学)
    東北:小澤晃(宮城県立こども病院)
    茨城・栃木・群馬・埼玉:塩野淳子(茨城県立こども病院)
    千葉・神奈川:上田秀明(神奈川県立こども医療センター)
    東京:小野博(国立成育医療研究センター病院)
    新潟・富山・石川・福井:沼野藤人(新潟大学医歯学総合病院)
    山梨・長野・岐阜・静岡:田中靖彦(静岡県立こども病院)
    愛知・三重・滋賀・奈良・和歌山:安田和志(あいち小児保健医療総合センター)
    大阪・京都・兵庫:黒嵜健一(国立循環器病研究センター)
    島根・鳥取・岡山・広島・山口:馬場健児(岡山大学病院)
    徳島・香川・愛媛・高知:早渕康信(徳島大学病院)
    福岡・佐賀・長崎・大分:永田弾(九州大学病院)
    熊本・宮崎・鹿児島・沖縄:野村裕一(鹿児島市立病院)